牛島研究室OnLineへ
  USI情報システム on WAMP  

 

デジタル工房2:2008年

新機能

  • 2008年に新しく装備した機能だけを紹介します。
    • スクリーンカード情報システム:(インターフェースの整備)
      装備された全機能を簡便に呼び出すことができるようにしました。
      使い方のページは準備中です。
    • ウェブ・アーカイブツールの大幅な改良
      ウェブ・アーカイブツールは、スクリーンカード情報システムで最も重要なツールです。
      その役割は大きくは2つです。
      ウェブページをサイト内の構造を保持したまま、自動的に編集した上で保存すること。
      ウェブページの基本的な情報(URLやtitle)を自動的にスクリーンカードに登録すること。
    • コモンビューア
      USI情報システムのSQL検索部分を統合したので(コモンサーチ)、検索結果を表示するビューア部分も統合することにしました。
      開発には予想外に手間取りましたが、PHP,javascript,htmlの機能を使い分けることで、どうにか完成しました。
    • インターサイト内検索(新機能) ウェブ・アーカイブツールがほぼ完成したことで、さらに前進することができます。 ウェブ上に数多くの有用なサイト内検索がありますが、サイト内検索を横断的に利用するツールの開発に着手しました。
      ハイパーブック情報システムを充実させるために、 インターサイト内検索「ブック著者」を開発しました。
    • ハイパーブック(ツールの改良)

概要

  • 下記の項目についてはデジタル工房2の概要をご覧ください。
    2007年のものですが、基本に変更はありません。
    • USI情報システム(Windows/Linux完全互換)
    • データベースの種類
    • ハイパーブックの概要
    • スクリーンカードの概要
    • ビデオスライドの概要
    • 機能の鍵を握るのはビューア
    • PHPツール
    • コモンサーチ
    • ウェブアーカイブ
    • USI授業システム