牛島研究室OnLineへ
  USI情報システム on WAMP  

 

CV:ブックページビューア

概要

  • わたしたちが本を読みながらしていることを、コンピュータの画面上で再現できるようにしました。
    USI情報システム:ハイパーブックの中心となるツールです。
  • 代表的な機能
    ページを繰りながら本を読む。
    ノートを取る(保存は自動化)。
    目次からページを開く。
    ページ画像を切り替える。
    読書の中断と再開がボタン一つでできます。
  • 実演のサンプルを用意しました。
    多くの機能が盛り込んであるので、全体像がつかみにくくなっています。 どんなふうに使っているかを再現したページを用意しました。

画面構成

全体
  • BPVの画面構成
  • メニューとiframeからなる
  • iframeはHTMLページの中に別のHTMLページを表示する機能
  • iframe内にブックページなどを表示する
  • メニューからiframeの表示をコントロールする
  • iframe内に表示できるのは、
    本の全ページ
    目次・索引・ノート
    などです。
  • 本の全ページは画像としてFBに保存されています。 このページ画像をiframe内に表示します。
  • 目次・索引・ノートはハイパーテキストになっていて、リンク先はページです。
    目次からページを開く、索引からページを表示することがワンクリックでできます。

対応するファイル形式

  • iframe内に表示できるページ画像のファイル形式は、TIF,JPG,PNG,PDFの4種類です。表示の優先度もこの順になっています。
  • ページ画像のデフォルトはTIFです。ウェブブラウザでTIFを表示するにはプラグインが必要です。AlternaTIFFを使っています。
  • カラー印刷のページや白黒写真の入ったページでもまずTIFで保存します。その上で再度スキャンする価値があるか判断してJPGで保存します。
  • PNGは授業で使うための形式です。
  • ウェブブックとの関係でブックページのファイル形式にPDFを加えてあります。
  • ブックページに対してメニュー側に用意されている機能には次のものがあります。
    ページ送り(次頁と前頁)
    ページ一覧表示
    ノート記録
    OCR認識
iframe TIF JPG PNG PDF
サンプルを下に挙げます。

左メニューの機能

インフォブック情報へのリンクです。常に有効です。
HBS
メニュ
◆ハイパーブックのメニュー:
ブックページ情報があるとカラー表示になり、リンクが有効になります。
クリックすると、ハイパー目次・ハイパー索引・ハイパーノートなどがiframe領域に表示され、その中からページを表示させることができます。
ページ
情報
◆FB情報:ページ数を[PAGE3]か[PAGE4]で表示します。
下段にはFBのタイプが表示されます。他に利用できるタイプがあるときには背景がオレンジ色になり、そのリンク表示になります。
ページ
操作
上の2つが[次頁]と[前頁]を表示するボタンです。本を読むときに便利です。[PAGE1]か[PAGE2]に応じて自動的に±1か±2に変化します。
一番下がページ一覧を表示するボタンです。ほとんど場合に有効になっています。
PHP
メニュ
◆PHPツール:ハイパーブックならではの機能
  1. ノートを取る 今読んでいるページのメモやノートを取るのに使います。ほとんどの処理は自動化されています。
  2. OCRにかける今読んでいるページを文字コードに変換するときに使います。ほとんどの処理は自動化されています。
  3. 読書を中断する:このボタンを押すと今読んでいるページの情報が記録されます。再開ボタンを押すだけで読書を再開できます。

下メニューの機能

CVタイプ ページ検索 OCR索引 FBメニュー
コモンビューアのタイプをアルファベット3文字で表示します。 ページ数を入力してボタンを押すと、該当ページがiframeに表示されます。
事典辞書を使うときに必須の機能です。
索引がついていない本でも、索引機能が使えるように開発したツールです。
全ページをOCRにかけてその認識結果をFBに登録しておく必要がありますが、ほとんどの処理はPHPで自動化することができます。
FBを操作するのに使います。