牛島研究室OnLineへ
  USI情報システム on WAMP  

 

UIS:ビデオスライド

  • 2007年から再録しました。
    大きな変更はありません。
スライドショー概要
スライドショー使い方

概要

  • スライドとスライドショー
    • スライド:ビデオCDからキャプチャーした静止画像をスライド化したものです。
    • スライドショー:同じビデオCDに属するスライドを順番に表示できるようにしたものです。
  • WAMPプログラム
    • スライドショーはビデオCDごとにjavascriptで提供されます。
    • そのjavascriptは、ビデオCDとスライドのMySQLデータベースを検索しながらPHPが自動的に生成しています。

使い方

  • スライドショーは3つの部分から構成されます。
    1. スライド表示部
    2. インフォ表示部
    3. 縮小画像表示部

  • その1:スライド表示部
    スライド画像を表示する部分です。
    下に2つのボタンが用意されています。
    1. 次ボタン
    2. 前ボタン
    配列順に見るときに便利です。 順番をスキップさせて見たいときには、縮小画像をクリックしたほうが便利です。
  • インフォ表示部
    スライド表示部の右側にあるのが、インフォ表示部です。
    MySQLデータベースに登録されているデータを表示します。
    サーバーの負荷を軽減するためにjavascriptを使って表示させています。
    データの表示形式はテキスト形式かHTML形式です。
    javascriptを使って表示させているために、「'」「"」「\」や改行がおかしくなる場合があるかもしれません。その点はご了承ください。
  • 縮小画像表示部
    スライドとインフォの下に縮小画像の一覧が表示されます。
    縮小画像をクリックすると、そのスライドとインフォが表示されます。
    順番をスキップさせて見るときに便利です。
    配列順にみるときには、ボタンを使ったほうがより便利です。
    この機能はjavascriptを使って実装してあります。
  • IT補足:
    スライドショーのデータはMySQLデータベースに格納されています。
    そのデータベースからPHPがスライドショーのHTMLを自動的に生成しています。
    HTMLに含まれるjavascriptもPHPによって自動的に生成されます。
    スライドショーの表示にはjavascriptの配列を利用しています。
    PHPの配列を利用したほうが間違いのない処理ができますが、サーバーの負荷を軽減するためにjavascriptの配列を使っています。
    また、スライドショーの機能も現時点ではjavascriptによって実装してあります。