牛島研究室OnLineへ

 

ウェブテク工房:index

ウェブの大空を自在に舞う。それが私の抱く夢です。

ウェブの翼を手にいれる

  • ウェブはインターネットが実現した新しい情報の空間(大空)です。
  • この大空を自在に舞うにはウェブの翼(スキル)が必要です。
  • ウェブの翼を持つには、左の図にある技術を使いこなせないといけません。
  • ウェブ工房では、大空を舞うための翼を用意してみました。
  • 2005/07/09:
    入念な動作テストが完了したので、 phpとMySQLを追加しました。

ウェブ情報発信の階段

  1. HTML
  2. <table>・画像
  3. JavaScript
  4. 専用サーバー
  5. <form>とCGI
  6. php+MySQL
  • HTMLはソースで書けることが絶対条件です。 ソースを書けなければ、<table>や<form>、javascriptSやphpを自在に使うことができません。
  • ウェブページの見映えをよくするポイントは、画像と<table>タグです。 この2つを思いのままに操れないと、使いやすいページは作れません。
  • ウェブ上でブラウザからサーバーに情報を送信するには、<form>タグを使います。 学習システムを開発するには、<form>をjavascriptかphpで自在にコントロールすることが必要です。 あわせて、URLエンコードや日本語の文字コードなどの知識が必要です。
  • サーバー側にさまざまな機能を持たせるには、機能ごとにアプリケーションを開発します。 CGIスクリプトかPHPスクリプトを書く能力が必要です。
  • javascriptはブラウザ上で動くプログラムです。この特性はCGIやPHPにはありません。 ユーザーが使いやすいシステムを作るにはjavascriptは不可欠です。
  • ウェブ上の学習システムでは、SQLデータベースを使うことになります。 SQLを使いこなすにはPHPが便利です。 PHPスクリプトの出来で、SQLの活用度が決まります。
  • LAMP(Linux+Apache+Mysql+Php)環境を構築する場合、データはMySQLに保存されます。 データベースの保守のノウハウが必要になります。

ウェブの翼・ライブラリィ

マップ表示になっています。ライブラリィ
マップ表示になっています。
apache mysql php perl http http cgi xml html form css javascript table internet explorer

JavaScriptのテスト

  • JavaScriptのテストをするために、フォルダを用意した。
  • フォルダ

PHP+SQL開発・テスト環境:2005/08/01

  1. 開発:自宅
    すべてWin32上で行なっています。
  2. テスト:自宅
    それをPCLinux上に転送して、ネットワーク経由でIEでブラウズしてテストしています。
  3. 稼動:大学
    ある程度のものが完成したら、ディレクトリ単位でウェブサーバーに転送しています。

CGIテスト環境:旧

2005/07/09のメモ
現在では大きく変わっていますが、
スクリプトの開発に専念しているため、整理する時間が取れません。
OSLinuxCGI開発Windows
ftp Step 1
Windows上で開発。
CGIスクリプトを書き、Active Perlを使ってAnHTTPD上でテストする。
http://127.0.0.1/
Step 2
Linux上にコピーして、 Windows上のIEからアクセスする。
http://192.168.0.77/
FTPdvsftpd
httpdapache
ブラウザmozilla
  • CGIをテストするための環境
  • コンピュータ(PC)2台を用意する。
  • 1台にはLinux、もう1台にはWindowsをインストールする。
  • WindowsにはAN HTTPDとtinyFTPDをインストールする。
  • Linuxにはapacheをインストールする。
  • この2台をクロスケーブルでつないで、ミニマムのインターネット環境を構築する。
  • WindowsにActivePerlをインストールし、この環境でテストを繰り返しながら、CGIスクリプトを完成させる。
  • 完成したCGIスクリプトをLinuxにコピーして、最終チェックを行なう。
  • Linuxといい、apacheといい、ActivePerlといい、フリーソフトを使っていると、実に爽快な気分になる。
  • ウェブは使えば使うほど爽快な気分になる。 協力しあう善い社会に生きていることが実感できる。